CART

ユーフォルビア

Euphorbiaceae(トウダイグサ)科 Euphorbia(ユーフォルビア)属
雌雄で花が違う特殊な性質をもちます。触れると、白い乳液が出ます。食害から守るために、有毒の液を出すと言われています。人間にはそこまで効果がありませんがかぶれやすいかたはご注意を。個性的な姿の品種がたくさんです。
[代表種]オベサ、蛾眉山、マハラジャ、怪魔玉、大雲閣、紅彩閣

[適した場所]
室内の窓辺などがベスト。光が足らないと先細りするのでご注意を。冬は必ず室内に。越冬温度:5度以上

[毎日のケアとポイント]
水やり:年間を通して月に2〜3回。夏は風通しよく。
繁殖:挿し木※乳液は水でよく流し、よく乾燥させてから挿し木をする。

全37件